本文へスキップ

一般ツイッターラーの一般ツイッターラーによる一般ツイッターラーのための党

なう民連立党HEADLINE

党規

2016年5月18日制定
    8月2日改正 3日施行
   12月15日改正
   12月26日改正
2017年5月13日改正

前文
なう民連立党は、長い歴史と独特の文化を有し、団体統合の象徴である創始者を戴くTwitter団体であって、
入党者主権の下、総裁の決定権は入党者に有り、
総裁は、なう民連立党を、より良き団体にすることを努めなければならない。
入党者各位は、我が党こそ最初でかつ唯一の団員主権のTwitter団体であることを誇りと気概を持って自覚し、
時の総裁は、党全体が相互協調できる団体に努め、
入党者各位は、時の総裁に協力し、党全体を更に拡張することを努め、
党を末永く存続させるため、ここに党規を制定する。
第一章 創始者
第一条 創始者(@VIPMASUKUMELON)は、なう民連立党の元首であり、なう民連立党及びなう民連立党入党者各位の統合の象徴であって、
その地位は、主権を有する入党者の総意に基づく。
第二条 創始者は、継承されない。
第三条@ 党旗は意匠「蒼い鳥印」とし、オリジナルキャラクターを「戌亥優音」とする。
A入党者各位は意匠「蒼い鳥印」、オリジナルキャラクター「戌亥優音」を尊重しなければならない。
第四条 創始者は、入党者主権の例外として、党の解散権を委ねられる。
第五条 創始者は、時の総裁による部分的適用権能譲渡によって、党の運営を干渉することができる。
第六条 創始者は、入党者各位のために、入党者主権によって正当な選挙に基づいて総裁を任命する。
第七条 創始者は、入党者各位のために、総裁によって指名された役員の任免を認証する。
第二章 入党者
第八条 入党者への要件は、役員である内務長によって「なう民内務法」で定める。
第九条 党規での入党者の扱いは、全てのなう民連立党入党者のことを指す。
第一〇条 入党者は、正当な選挙によって選定された総裁から役員に任命される場合、たとえ私的な理由でも拒否する権利を有する。
第一一条 入党者は、ネットワーク市民の一員であり「ネットワーク市民は人種、信条、性別、国籍、障害の有無、社会的身分、門地とは無関係である」ことを念頭に置かなければならない。
第一二条 入党者は、入党者主権の下、総裁及び役員に直接意見を申し出てすることができる。
第一三条 党内派閥の結社の自由を保障する。
第三章 体制
第一四条 執行権は、この党規に定めのある場合を除き、時の体制に属する
第一五条 体制とは、総裁及び全ての役員を指す
第一六条 時の体制は、執行権の行使に連帯して責任を負う
第一七条 総裁は、入党者による正当な選挙によって選定する。
第一八条 総裁は、入党者の中から役員を任命する。
第一九条 総裁は、自由に役員を罷免することができる。
第二〇条@ 体制は、入党者による不信任の決議案が可決し、又は信任の決議案を否決したときは、一ヶ月以内に総辞職しなければならない。
A 総裁の任期は1年とする。
第二一条@ 正当な選挙によって選定された総裁及び総裁により任命された役員をもって、体制を組織する。
A 前項の役員の数は、十七人以内とする。
B役員は、「党務役員法」でこれを定める。
C 総裁は、必要に応じて無任所の特命担当役員を指名することができる。
D 総裁は、体制の結束をはかるため、役員会議を作成しなければならない。ただし、話し合われた内容は、特定秘密事項として扱うことができ、公開の義務を負わない。
第二二条@ 総裁が欠缺した場合は、その予め指定する役員が、臨時に、総裁の職務を行う。
A 副総裁を総裁臨時代理就任順位第一位役員とし、幹事長を総裁臨時代理就任順位第二位役員とする。
B 総裁臨時代理就任順位第三位役員は、総裁が任所役員から1名指名する。
第二三条@ 主任の役員が欠缺した場合は、総裁の任命する役員が、臨時に、その主任の職務を行う。
A 前項は役員の兼任が認められる例外的な場合である。
第二四条@ 総裁は、執行各部を指揮監督し、その調整を行う。
A 総裁は、入党者序列第一位の最高指揮官と定める。
第二五条@ 幹事長を、1人置く。
A 幹事長は、役員をもって充てる。
B 幹事長は、役員を統轄し、各役員を統督する。
第四章 自治団体
第二六条 自治団体は、党の保護下に置かれている団体を指し、自治団体員の参画を基本とし、自治団体員に身近な執行権を自主的、自立的かつ総合的に実施することを旨として行う。
第二七条 党及び自治団体は、協力しなけなければならない。
第二八条 総務長が自治団体を所轄する。
第五章 改正
第二九条[党規改正の手続] この党規の改正は、総裁が入党者に改正案を公開し、その承認は選挙で過半数の賛成を必要とする。
第三〇条 党規改正について、承認を経たときは、創始者は、直ちに党規改正を交付する。
第六章 最高法規
第三一条[党規尊重義務] 党員は、この党規を尊重しなければならない。
第三二条 全ての役員は、この党規を擁護しなければならない。
第七章 解散
第三三条 [解散権] 党の解散権のみ、創始者に委ねる。

http://www.tsoft-web.com/melonchan/law.html