本文へスキップ

一般ツイッターラーの一般ツイッターラーによる一般ツイッターラーのための党

見出しHEADLINE


なう民外務法

なう民外務法
2016年5月27日制定
2016年5月28日施行
作成 外務長 藤秦公
批准 総裁  メロン
批准 副総裁 とろろ
批准 幹事長 ぶち
第一条 外務法は、外交を行う責任者に適用されるものとする。
第二条 密約や機密などの一部を除いて、一般党員に外交方針を説明する義務がある。
第三条 外交上の責任は、総裁:外務長にて2:8を原則とする。
第四条 外交に関する方針は、総裁からの指示または、外務長が総裁からの許可を受理して、決定するものとする。
第五条 外務に関する者が党に不利益をもたらした場合、その責任は外務長が受け持つ。
第六条 罰則は、外交官の場合は外務長が総裁との相談の上で判断し、外務長の場合は、総裁及び副総裁の決定をもって行う。
第七条 外務省は、他団体への援助及び干渉が許される。
第八条 外交官及び外務長は、外交に関する反対を三度行う事ができるが、総裁の意見が変わらない場合は、その指示を全うする。