ナタ・バードサンクチュアリ(Nata Bird Sanctuary)は塩湖マカディカディパンの北東部にある一角で、雨季になると一部が浅い湖のようになり、フラミンゴが飛来することで有名です。フラミンゴの他にペリカンやコーリーバスタード、冠鶴など鳥の楽園になっています。バードサンクチュアリは地方の経済開発と共同して立ち上がっているプロジェクトでもあります。鳥は時期によっていたりいなかったりするようです。フラミンゴの飛来は毎年安定していません。水量が多すぎても少なすぎても見られないため、大体12月から4月という説もありますが、2018年4月にナタ・バードサンクチュアリの職員に聞いたところ、近年は10月にフラミンゴが多いという話でした。このように、フラミンゴ飛来時期は明確ではありませんが、参考になれば幸いです。
Google Mapで見る>
ナタ・バードサンクチュアリへの行き方
車の場合は首都ハボロネからA1を北上、フランシスタウでA3に入ります。車でない場合はハボロネからバスか飛行機でフランシスタウンへ行き、カサネ方面に向かうバスに乗車します。A3沿い左手にサンクチュアリがあり、中にはキャンプサイトもあるのでテント宿泊することもできます。ナタ村付近にあるロッジにはサンクチュアリ内を車で案内してくれるモーニングサファリとサンセットサファリなどのアクティビティがあります。

ロッジ情報
ナタ・ロッジ (Nata Lodge) >www.natalodge.com/
※A3沿いナタ村から約10km手前の右手にあります。バスの場合は予めドライバーにロッジの前で降ろしてもらえるようにお願いすると良いです。帰路はロッジの受付でナタ村までタクシーの手配を依頼します。

ペリカン・ロッジ (Pelican Lodge) >www.pelicanlodge.co.bw/


モーニングサファリ
早朝にサンクチュアリに行くツアーです。コーヒーとラスクが出ます。鳥の種類や有無は時期によりけりです。



サンセットサファリ
サファリのあと塩湖(雨季は湖)に沈む夕日を見てくるツアーです。鳥の種類や有無は時期によりけりです。

(このページの情報は2015年1月のものです)